質の悪い物の見分け方

ペットフードはもちろん質の良いものを選びたいと思いますが、なかなかどれが良いのか分かりません。人間の食べ物なら、私たちは確かめる方法も知っています。しかしペットフードは実際に食べることもできません。それに法律的な表示内容も、まったく人間の食べ物とは違います。このようなことから質の良いペットフードを選ぶことはとても難しいと言えるのです。ここでは特に質の悪いドッグフードを簡単にチェックする方法を考えていきましょう。

まず今あるドッグフードを手にして軽く握ってみましょう。手に脂っこい油分がついてこないでしょうか。べたっとした不快な感覚がありませんか。手がテカっていませんか。もしこのような油分の強いドッグフードであれば、あまり質の高いものとは言えないでしょう。特に酸化しやすく健康にも味にも良くないと言えます。体に悪い影響を与えかねず、また食欲不振の原因となったり肥満の原因になったりすることも考えられます。

次に匂いもチェック対象となります。特に匂いが強く、あまり良い匂いとは言えない場合あまりおすすめできません。わんちゃんにとっては匂いの強いものは意外と喜んでくれます。しかし匂いを後で吹き付けたものもたくさんあるのです。人工添加物の可能性も高くなります。実は質の良いドッグフードは本来の味を引き立たせるため匂いはあまり強くしない傾向が。そのため実は匂いの強いドッグフードは逆にあまり良くないのです。